成都式wwwww

総帥が池袋に汁なし担々麺のお店を開いたっつーんで、

行ってきますたよと。



ところは池袋、例のパチンコ屋さんのとこですね。


画像






すしざんまいっ!!






サーセン池袋行ったらこれ見ないと落ち着かないもんでwww





画像




つーことで、極め麺を目印に進んで行きますと、




画像




おお!あったあったwww

総帥のお店、「六坊担々面」さんです。

「麺」でなくて「面」の理由はよくわかりません。

役立たずでサーセンw






で、お店の前の看板を見ますと、


画像



穏当なゴマベースの「日式」と、「本場」を標榜した

「成都式」がある模様。

つか、基本この二種類しかありませんが何かwwwww






で、もうこういう場合ね、「日式」を選ぶのが無難なのは

言うまでもないわけです。

で、言うまでもないことなんですが、いざ券売機の前に

立つとですね、ドMの血が騒ぐつーかwww

自然と「成都式」の方に手が伸びる訳でしてwww

もう頭ん中でヤマトの艦内警報音が鳴り響いてるんですがwwwww









結局ネタ的に美味しそうな「成都式」を

ポチッとなしてしまいますたよとwww

やっぱブログネタとして使いやすい←方がいいしねw







で、席に座ると、「辛さ」と「痺れ」の度合いを聞かれるわけですが。


画像




ここはおとなしく、どちらもデフォの「3」、「3」でお願いして

みますたよと。





で、待つことしばし、その間に卓上を眺めてみると、



画像




なにやら本格派な調味料がwww

ちょっとおっかなかったので、ニンニク以外は

トライしなかったのですが、どうやら黒酢と腐乳だった模様w

黒酢はともかく腐乳はなあと。ちょっと苦手。

食ったことないけどねwwwww




で、紙エプロン←をしておとなしく待つことしばし。


画像




「成都式汁なし担々麺」750円、着丼でございますw


で、よく混ぜて食えとのことでしたので、

ガンガン混ぜる混ぜるw

タレは結構多めなので、簡単に混ぜれます。


画像


つか、意外にタレが余ってて結構味濃そうねとwww

これは追い飯必須かもwww



で、心を落ち着けてパクっとなと。





ホアジャアアアアアアアアアwwwwwww



ホアジャが鼻に抜けるえwwwwwww

スースーするううううううwwwwwww

で、いっときスースーしてたらですね。

次は痺れるううううううwwwwww




画像




俺はあの娘にシビレてる

バアさんはエレキにシビレてる

かあちゃんは有名校(がっこう)にシビレてるうう

かずやは担々麺食って

こりゃまたまたまた、シ~ビレ~て~る~

ハ、シビレチャッタ シビレチャッタ

シビレチャッタヨ~

ハ、シビレチャッタ シビレチャッタ

シビレチャッタヨ~

(CV:植木等 作詞:青島幸男 作曲:宮川泰←ヤマトw)




いやあ、スースーしてシビレますたねwwwww

現場からは以上ですw






(やっぱこの場合、日式だよねw)




この記事へのコメント

この記事へのトラックバック