あけましておめでとうございますwww

新年あけましておめでとうございます。

本年も当すっとこどっこいブログをお引き立ての程

よろしくお願いいたします。



つか、気がつけばもう立春も過ぎちまって

暦の上では春じゃまいかとwww

新年のご挨拶が二月中旬ってどうよ的なwwwww

今年もこんな感じですがどうぞよろしくwww



で、やっぱ新年←一発目の記事は、さすがにラーメンじゃなくて

模型のことを書かないとねw





つーことで、前回、モザイクがかかってた今回のネタ←ですが。


画像



はい、ご推察の通り、しっかりと熟成されたタミヤの

グライフですw





画像



もちろん安定の小鹿モノwww

コイツで超有名車両のグライフをミニカーみたいなノリで

作ってみようつー趣向でして。





それにしてもこのキット、「ガマガエル」とか言われて

発売当初からあまり評判の芳しくなかった代物。

本体車両のことをあんまり知らないもんで、

どこにどんな地雷が仕掛けてあるのか

よくわからないうちに製作は進むえw



オープントップ車両は普通の戦車の2倍から3倍手がかかる

もんですから、塗れるとこはランナーに付いてるうちに塗っちまおう

作戦発動www






画像



こういう作り方したの中学生以来かもwww

つか、昔はみんなこうやって作ってたモンですよって

俺だけですかねサーセンwww



画像



はいこちらマイバッハHL42エンジンとなっておりますw

ネットで見つけたバッキバキにレストアされたエンジンを

参考に塗ってみますたw

まあロンメル将軍のお抱え車ですから、

こんくらい整備が行き届いててもいいかな的なw

んなわけねえだろとwwwww砂漠のど真ん中だぞとwwwww

いいんだどうせミニカー仕様だからwwwww







画像



Fu8だか12だかよくわからない無線機w

太古のテクノロジー、「チョボチョボ書き」が炸裂www

つか盤面少し青すぎたかwww






画像



ドイツのハーフトラックの鬼門、回転計みたいなの。

こんなんデカール出してくれよとwwwww

なんか零士メーターみたいになっちゃってるヤツも

ありますが、気にしない気にしないw






画像



救急箱も作り直して見ますた。

コイツもチョボチョボ書きで「Verbandskasten」って

書いたつもりなんですが見えますでしょうかwww



画像


「ガマガエル」の悪評の元となった車体前面。

いや、横幅が広い以前に下の部分がぜんぜん違う

じゃまいかとwww






だもんで、サスペンションのあたりから下をぶった切って

銅板でカバーを作り換え。

ついでにひん曲がってるナンバープレートも

付けときますた。

横幅が広すぎるのはどう考えても修正不可能www






で、更にガマガエル感を増幅させていたライトの取り付け位置と

スリットの広いライトカバーも修正しときますた。

ライト自体がでかいのはもはや如何ともしがたくてですねw







画像



車体後部のジェリカンもあんまりだったので、

ラックごと作り換えて見ますたよと。

ジェリカンが一個だけ逆向きになってるのも

やってみたかったもんでw



画像



このキットで地味に一番厄介なのがフェンダー。

なんで初期タイプなんだよとw

おまけに修正しようと思えば全部作り直しだろと。

仕方ないので、リブだけ削って、ペーパーで面出しして

なんとなく平らにしただけで終わりましたよとwwww




で、ヨンパチの方を見たら全部修正されてやんのwww

つか昔のタミヤってだいたいこんな感じでしたよね。

博物館にある型の実物優先で、それがどっちかっつーと

マイナーな仕様でみんながっかり的なw




箱絵も実物と違うのを承知でキットに寄せてる時と、

キットとは違って箱絵は正確、みたいな二種類が

あるようなw

ちなみにこのグライフは後者ですねw

資料としては助かりますがいいのかそれでwww




さて、一応基本工作は済んだわけですが。

これから最難関のジャーマングレーに

デザートイエローぶっかけからの部分剥がしが

待っているwwwww



特にこのグライフ、塗装つーより砂塗ってんじゃね?

つーくらいのザラザラぶりと、写真ごとに剥げっぷりが

違うじゃんみたいなw




こんなん絶対失敗するわwwwww






(明日は旧暦の元旦だそうです。おめでとうございますw)


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック