グライフ完成しますたw

ハゲ散らかし塗装がとっちらかっちゃった←グライフの件ですが。




その後、橋の下を沢山の水が流れてですね、

つか、そろそろ次のモンを組みたくなってきちゃったんで、

もう完成でいいかとwwwww


画像




画像



今どきキャンバスとかをポリパテあたりで作らないのも

如何なものかとは思ったんですけど、

もうキットを削ったり盛ったりすんのが面倒くさくてw



おまけにこのキャンバスんとこは中抜きになってるので、

削り込んでくとたぶん穴があくだろと。

発売時の70年代後期ですら「何で別パーツじゃないんだよ怒」とか

言われてたですもんねw




つーことで、まあ塗装でいいかとwwwww

どうも手の入れどころを間違ってるような希モスんですが

もはやどうにもならん的なw


画像



頑張ったジェリカンラックw

下段の真ん中が逆向きなのは史実どおりですが、

上段左のジャーマングレーの水ジェリカンはフィクションです。

思ったほど模型的な記号にならなくて無念みたいなw




画像



右側面はこんな感じです。

モノクロだとボンネットのサイドハッチだけ色調が違うように見えたんで、

ちょっと調整してみたんですが、ものの見事に失敗しておりますw




画像



あまり見られたくない←中身の部分w

やばい部分は写らないように工夫されています。

つか、そんな工夫ばっかやってっからダメなんだろとwwwww




で、こっから先は究極のドM企画、

本物と比べてみようコーナーwwwwww



画像




画像




画像




今回、工作で一番残念だったのは、この前面の予備キャタピラを

作れなかったこと。

金さえあればカステンのキャタピラとかヤフオクっちゃうんですけろ、

そこまでの度胸←がなかったっつーか。

つか、こんだけアクセサリーてんこ盛りのキットなのに

何で予備キャタだけ無いのよとwww



画像




だもんで、昔エッシーのデマーグで挫折←したとき、

捨てないでジャンクパーツとして取っときゃよかったとか、

9年近く昔の自分の所業をグチグチと後悔する始末でして。

やだやだ歳は取りたくねえ。

つか、若いときからこういう性格ですが何かwwwww




まあ、予備キャタピラつけてない写真もあることですし、

キャタピラの擦り傷とオイル染みみたいなのだけ

再現してお茶を濁してみますたw

つか、やっぱいいタイヤが欲しいよねと。





画像




画像




画像




そういや左のクラッペ開いてねえwwwww

写真見てるようで全然見れてませんですたサーセンw

あとMGのシールドの塗装ももう少し剥いだほうが良かったような。

つか、この流れ落ちた様なハゲ方は再現が難しそうだぞと。

しかしこのボンネットに乗ってる折りたたみ机の脚みたいなの

よく落っこちないもんですねw私は載せませんですたがwww






画像




画像




画像





右フェンダー上のデカ袋みたいなのも載っけませんですた。

キャンバス以上にうまく塗れる自信がなかったもんでw

あと車体側面も本物は溶けた塗料がダラダラ筋を作ってるんですが、

これも再現する度胸はありませんですた。

つか何から何まで及び腰でサーセンwwwww





画像




画像




画像



後ろのキャンバスもサボってますサーセンwwwww

せめて牽引フックを斜めにする位はやりゃよかったw







画像




独自アングルも一応載せときますねw

「あのガマガエルのキットにしては頑張ったよね」と

言っていただけると幸いです。

つか、コメントを指定するなとwwwww






画像




つーことで、「いつかは作ろう」シリーズ最右翼のグライフ、

これにてお開きと致したいと思いますw







(やっぱハゲ散らかしは難しいわねw)







この記事へのコメント

この記事へのトラックバック